【ぞう組にて】 この日はお誕生会 これからお友だちのお祝いをします 

心身ともにたくましく 思いやりの心を忘れない子ども

心身ともにたくましく、困難に耐え、みずから人生を切りひらいていける知恵と勇気をもち、思いやりの心を忘れることなく、豊かな人生と社会を築きあげることができる。私たちは、そんな子どもに育ってほしいと願っています。

その1 心身ともに健康な子ども

青い鳥保育園−リズム体操

生活リズムを整え、薄着、裸足、砂・水・泥んこ遊びや散歩など、戸外での活動を通して、丈夫な身体づくりをめざします。 大人としっかり関わり、安心して遊びながら心を開くことをおぼえ、子ども同士の関わりをつくることで間を大切にしていきます。 リズム運動、手押し、這い這い、ロールマットなどを取り入れ、リズム感、表現力を養いながら、血行を促進し身体の緊張感をほぐすことで、しなやかな心と身体づくりをめざします

その2 自分を大切にし 仲間も大切にする子ども

今、多くの子どもたちはテレビ、ビデオ、ゲーム中心の生活となり、人とのコミュニケーションが少なくなりつつあります。青い鳥保育園では、集団遊び、わらべ唄遊びなどを通して、仲間たちとのぶつかり合いの中で、相手の思いを聞き、自分の思いを伝え、仲直りする力や、思いやり、やさしさを養うことをめざします。

その3 自分の考えを表現できる子ども

仲間の中で遊び、相手の思いに心を開きながら、しっかりと自分の思いを伝えることができる子ども。また、また、本当の感動を持った文化と接することで、うれしい、悲しい、きれい、かわいそう、などの人間らしい豊かな感情を培い、素直でしなやかな表現力を養うことをめざします。

その4 働くことに喜びを感じることができる子ども

青い鳥保育園−給食のお手伝い

子どもたちはお手伝いが大好きです。洗濯物をたたんだり、食器を運んだり、お掃除をしたりなど、いろいろな事に興味を持ち、自分もやってみたいと思いはじめ、大人たちから「ありがとう」と声をかけられることで、やがて誰かの役に立つ喜びを感じるようになります。そんな子どもたちの気持ちを大事に、大きく育むことをめざします。

その5 命を大切にする子ども

青い鳥保育園−緑溢れる中庭で遊ぶ

園庭に咲く、桜の花、ふじの花、りんごの花、さくらんぼうの花やポプラの木、どどめの実。そして四季を通しての園外での遊び。身の回りにある身近な自然に触れ、季節を感じ、のびのびと遊びまわり、「見る・聞く・食べる・嗅ぐ・触れる」の豊かな五感を育くみ、「きれい」「美しい」と感動する心を培い、大人とのふれあいの中で心を寄せ合い信頼関係を築き、子どもたちが心地よさを感じることで、豊かな心を育むことをめざします。

ページトップへ